HOME > 政治日記アーカイブ平成18年

政治日記アーカイブ

平成18年
 
 
また、本日議会運営委員会が開かれ平成18年第1回定例会の日程を協議しましたが、議案、陳情等の取り扱いに様々な意見が出され深夜0時前までかかり、明日午前10時に続きを行う事になりました。
 
 
1月29日(日) 後援会事務所開設
昨日、今日と友人に集まってもらい後援会事務所を開くことが出来ました。
 
4年前同様の池田通りのはんこ屋さんと宅配すしの間の階段を上った3階です(逗子市逗子1-8-15、田村ビル3F)。
 
議会もあり常時開いているわけではありませんが、ぜひお立ち寄り下さい。
 
1月26日(木) 招集告示
市長より2月2日に平成18年第1回定例会を招集するとの告示がなされました。
 
10時から全員協議会が開かれ平成18年度の主要事業概要の説明が行われました。
 
予算額は一般会計16,726,00千円(伸率-0.9%)、特別会計17,193,300千円(伸率4.2%)、合計33,919,300千円(伸率1.6%)です。
 
一般会計の財源内訳は市税9,715001千円(構成比58.1%)、市債1,1999,100千円(構成比7.2%)となっています。
 
注目すべき新規事業は以下の通りです。
 
ディマンドタクシー運行事業           8,198千円
 
保育ステーション運営事業           62,224千円
 
逗子都民リターン支援事業           5,597千円
 
児童生徒安全確保事業             3,741千円
 
JR逗子駅前一般車バース改良事業     10,000千円
 
逗子海岸ボードウォーク整備事業       68,000千円
 
蘆花記念公園整備事業             208,484千円
 
ドッグラン施設整備事業              2,000千円
 
教育表彰事業                    3,400千円
 
フィルムコミッション事業              1,147千円
 
参与の設置                     12,000千円
 
品質マネジメントシステムの導入        4,524千円
 
情報セキュリティマネジメントシステムの導入 5,500千円
 
 
1月23日(月) 池田通り電線類地中化
池田通り電線類地中化計画について矢部県議、池田通り商店会長と県横須賀土木事務所へ現状と今後について協議をしてきました。
 
所長、道路都市部長、道路維持課長に対応して頂きました。
 
今後の予定については2月上旬から調査会社による測量、試掘が始まり、平成18年度中に東京電力、NTT、東京ガス、ケーブルテレビ等の占用者、関係機関との整理調整を行い、詳細設計を作成する。平成18年度下期に地元説明会を考えている。
 
商店会としては商店街活性化・商店街高度化事業等の検討をして、途中ですり合せをして欲しい。
 
地上機器(トランス)の設置場所、歩道と商店の高さ調整、商店街高度化事業の際の負担金については必ず問題が出る。今のうちから商店会で話し合って欲しい。
 
県横須賀土木事務所内ですでに電線類地中化を実施した横須賀中央、上町商店街、衣笠商店街をぜひ見学してもらい、池田通りに役立ててもらいたい。
 
商店会としてどういったことを、何をやりたいかを提示してもらい、商店会の会合に土木事務所の職員を参加させ、話し合いをしていきたい。
 
との話がなされました。
 
昨年の一般質問では市長より池田通りへのアドバイザーの派遣など逗子市の積極的な関わりも約束されており、初めての逗子市内の商店街電線類地中化の実現に向けて今後も関係機関と調整をしていきます。
 
 
1月16日(月) 都市計画審議会
都市計画審議会が開かれ、出席しました。
 
昨年12月16日に諮問された「逗子市まちづくり基本計画(案)」が、重要な関係機関である逗子警察署、県横須賀土木事務所と全く調整がなされておらず、会議の始めで問題となり一度取下げられました。
 
冒頭、市長より不手際に対する謝罪があり再度、逗子警察署、県横須賀土木事務所との協議結果を市長が直した「逗子市まちづくり基本計画(案)」が諮問されました。
 
しかし、その関係機関からは「調整も時間的な制約があり不十分なところもある。」との発言がありました。
 
2年かけて作成した91ページの計画を2時間で諮問するのも無理があり、出席した委員全員が発言する機会も無く、明らかに不十分な審議の中、会長権限で閉会したのは問題で複数の委員からは不満の声が出ました。
 
私自身も同様の考えで計画について疑問が払拭されないまま、閉会したと考えています。
 
 
1月15日(日) 甘利明賀詞交換会
午前中は沼間の台山緑地で行われた商工会青年部の主催する花咲計画へ参加しました。
 
いつもなら桜の木の下草刈を行うのですが、2月下旬に植樹を行う山の頂上付近の整地と歩道整備の土木作業をしました。私は歩道整備を行ったのですが久しぶりの作業でしたので腕と肩がパンパンに張り握力も無く箸が握れない状態でした。
 
作業は時間切れで、来週に続きを行う事になりました。
 
午後は海老名市で行われた「衆議院議員 甘利明の会 海老名支部 賀詞交換会」へ顔を出しました。
 
代議士の挨拶の中で先週、山崎拓氏を団長に近未来政治研究会で行った東南アジア訪問の話が出ました。
 
「東南アジアへは多くの資金援助を行っているにもかかわらず中国のえげつない脅しの元、日本の求心力は落ちている。したたかな外交を行わなければ取り返しのつかない事になる。そのために今回東南アジア訪問を行った。ベトナムやインドネシアでは「労働力が安いだけでは中国の下請企業になってしまいますよ。しっかりとした技術力を得る為には日本が必要なはずです。」と発言し外務大臣相手にお説教してきた。」と述べられていました。
 
3月に自分の選挙が控えている事もあり、代議士の紹介で壇上で挨拶をさせて頂きました。
 
私が3年間秘書を担当した所でもあり、多くの方から励ましの声を掛けて頂きました。本当に感謝です。
 
1月9日(月) 成人式
逗子アリーナで行われた成人式に出席しました。
 
今年もバンド演奏のなか立食形式で行われました。
 
会場には金びょうぶの前で記念撮影ができ係員がシャッターを押してくれるサービスやボランティアによる着付けなおしサービス、コート預かりコーナーなど心憎い配慮がありました。
 
ニュースで流れるような荒れる事も無く、テーブルの軽食や飲み物にあまり手を付けることなく、久しぶりに会う同級生と会話を楽しむといった様子でした。
 
成人式を迎えた新成人の皆様、おめでとうございます。
 
1月8日(日) 市内一周駅伝
今朝は第53回逗子市内一周駅伝競走大会が行われました。
 
午前9時に第一運動公園をスタートし6区間、市内27.1Kmを約1時間30分以上かけてゴールの第一運動公園までたすきを繋ぎます。
 
今年は地域対抗12チーム、団体対抗17チーム補欠も含め約200名の選手によって競われました。
 
久木中陸上競技部の同級生も2名参加しており体力不足の自分としてはいい刺激になりました。(2人は長距離選手で私は短距離選手なので・・・。)
 
この大会は逗子警察署の支援をはじめ、逗子市交通安全協会、逗子市体育指導協会等の協力を得ながら、市内66ヶ所に監察員、交通指導員が配置され、100人以上のスタッフによって運営されています。
 
残念な事に、地域対抗には私の住む逗子地区は長年エントリーされていません。「ぜひ逗子地区でチームを。」との声もあるので、来年の参加実現に向けて協力していきたいと思います。
 
開会式 選手宣誓
 
第一運動公園 スタート
 
1月6日(金) 出初式、賀詞交換会
今朝は第一運動公園で行われた逗子市消防出初式に出席しました。
 
消防団、消防職員の永年勤続者表彰等の第一部式典の後、消防団による消防操作、消防署による消防総合演技、一斉放水の演技を観てきました。
 
夕方からは市役所で行われた逗子市賀詞交換会へ参加しました。
 
消防署による消防総合演技
 
1月5日(木) 池子へ総合病院?
湘南国際村で行われた矢部房男県議会議員の新春の集いに出席しました。
 
会場では今年初めて会う人ばかりですのでまずは新年の挨拶、次はすぐに3月に行われる市議会議員選挙の話しとなります。
 
来賓の挨拶もやはり選挙でした。
 
その様な中、矢部県議の挨拶で大変興味深い話がありました。
 
「逗子へ総合病院を建てたいという病院関係者からの話が来た。ただ、現在逗子市の病院誘致促進協議会がまとめている公募内容と差異があり、用地も沼間用地以上の広さが必要であるため、池子米軍家族住宅地内の病院用地がふさわしいと考えている。後援会長である三島元市長や市議の皆さんと協力していきながら実現に向けて努力したい。」とのことでした。
 
私自身は総合病院と池子問題は期っても切れない問題であり、市の財政支出を最小限に抑え、かつ市民ニーズにあった総合病院を実現するには国の協力が不可欠だと考えています。
 
過去、国家公務員共済連合会が逗子市へ進出を検討した際は、基地関係の補助金が出るから、永田町○○派の元へアプローチしているとの業界の話を何度も耳にしました。私はそれはないでしょと思いましたが。
 
実現性が高いとなれば、大変喜ばしいですし、早急に情報収集に努めます。
 
1月1日(日) 謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。
 
2006年がスタートしました。戌年生まれの年男・年女は計975万人で、出生年別で一番多いのは1970年生まれの190万人だそうで、私はその1970年生れの年男です。
 
逗子市にとって今年は、4年に一度の選挙の年です。
 
3月26日には市議会議員選挙、12月には市長選挙があります。
 
私自身、気を引き締め、今まで以上に精進して参ります。ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。
 
 
2月27日(月) 市川勝斗町田市議誕生
親友である市川勝斗君が昨日行われた町田市議会議員選挙で初当選しました。
 
定数36名に対し47名が争う激戦の中、見事10位という立派な成績での当選でした。
 
自分ひとりからの活動でしたが、日増しに支持者が増え、私も選挙戦中盤個人演説会で応援弁士をしましたが、地元の方が熱心に候補者の話に耳を傾けているのが印象的でした。
 
次は私の番です。市川君に負けないようがんばっていきます。
 
 
2月23日(木) 開発事前協議申請書受取
昨日22日事業者から出されていた逗子7丁目NTT前の7階建てマンション計画「(仮称)逗子2004プロジェクト」開発事前協議申請書をまちづくり課が受け取りました。
 
2月7日に指摘した願出書についても明確な回答が出されていないのにです。
 
まちづくり条例第23条では「前4条の手続が完了した事業者は、速やかに規則で定める事項を記載した開発事業事前申請書を市長に提出し、協議しなければならない。」とあり、解釈・運用では「前4条の手続が完了したとは」「近隣住民に同意を得る努力(結果として同意を得たかどうかを問うものでなく、実質的な努力を十分に行ったかどうか)」となっています。
 
説明会での事業者の発言や態度を見れば形だけの説明会なのは明らか。「要望があれば何でも言って下さい。誠意を持って対応する。」と発言するのに、実際に住民が要望すると「無理です。現実的ではない。採算が取れない。」を繰り返し何一つ要望は受け入れられませんでした。
 
数日のうちに市長から事前協議申請書の告示、縦覧が行われます。
 
今後はこの計画が逗子市にとって「良い」か「悪い」かの判断のため、住民側は公聴会の開催を求める署名活動をはじめます。
 
 
2月21日(火) 次世代フォーラム修正案否決
予算特別委員会が開かれ平成18年度予算の総括質疑と採決が行われました。
 
予算審議を通じてその執行に納得できなかった新規9事業について減額修正案を提案しました。
 
採決の結果、残念ながら否決されました。
 
参与に関わる報酬                    12,000,000円 
 
品質マネジメントシステム構築費             4,524,000円
 
市民オンブズマン                        690,000円
 
ISMS認証取得事業                      5500,000円
 
市民活動支援補助金事業                  796,000円
 
保育ステーション運営費                  62,224,000円
 
商店街における事業系一般廃棄物の早朝収集委託費 3,670,00円
 
JR逗子駅前一般車バース改良事業          10,000,000円
 
教育表彰事業                         3,400,000円
 
 
2月16日(木) 予算特別委員会
予算特別委員会が開かれ、平成18年度の予算審議が始まりました。
 
第一日目は環境部所管の審査が行われ、とりわけごみ処理に関する質疑が集中しました。
 
鎌倉市と逗子市の2市で検討を始めるごみの広域処理について、神奈川新聞でも取り上げられた鎌倉市の言い分「逗子市は焼却、鎌倉市は生ごみ資源化の分担」についてはそれも含めて協議を始めるとの担当部長の答弁がありました。
 
だいたい、鎌倉市からの書類を見ると鎌倉市は逗子市に対して職員を呼びつけたり、ずいぶん態度がでかく感じる部分があります。
 
私の経験上、信用出来ないところです。まともな協議が出来るのか心配です。
 
2月15日(水) 鳴鶴ヶ崎陳情了承
建設環境常任委員会が開かれ予算以外の議案及び陳情の審査と採決が行われました。
 
議案第19号「逗子市都市公園条例の一部を改正する条例」については私が発議者代表となり修正案を提出し以下の提案説明を行いました。
 
ただいま議題となりました、議案第19号「逗子市都市公園条例の一部を改正する条例」の修正案について発議者を代表して提案説明を行います。
修正案はプールの開設期間を従来どおり確保するため提案するものであります。第一運動公園プール及び小坪飯島公園プールは例年7月1日から9月15日までの77日間開設され、昨年は53,722人の方が利用されています。今定例会に提出された改正案は、その開設期間を7月第3週月曜日すなわち休日である海の日から8月末までとし、今年は7月17日から31日削減し、46日間とするものであります。
委員会の質疑で、開設期間短縮理由は費用対効果に照らし合わせて決めた。と答弁していますが、適正な利用者数や効率的な運営に掛かる経費の算出根拠の答弁はありませんでした。また、利用者へ開設期間短縮についての意識・意見調査は行われていません。
このまま、改正案の通りプール開設期間が短縮されれば、プール利用を楽しみにしている子どもたちや家族の失望感は計り知れません。
本修正案は、子どもたちの大切な公共施設を従来どおり確保するため「別表第2第一運動公園の部水泳プールの項及び小坪飯島公園の部プールの項を次のように改める」以下を削除するものであります。 以上、修正案の提案説明とさせて頂きます。
 
結果、全会一致で修正案は可決されました。
 
陳情第1号「東急不動産の大規模マンション開発で消滅の危機にある鳴鶴ヶ崎の緑地について買取りをお願いすることについての陳情」については全会一致で了承されました。
 
私は賛成の立場で「東急不動産がマンション建設を予定している鳴鶴ヶ崎は大正10年の逗子八景にも鳴鶴夕照として選定され、先ほど可決された逗子市景観条例においてもその地が逗子市の景観上大切であると示されおり、市長におかれては「買取りに値する。鳴鶴は残したい。」との方針がなされてまる。私たち次世代フォーラムも、この鳴鶴ヶ崎を保全すべきである。」との討論を行いました。
 
 
2月13日(月) 教育表彰事業
市長の平成18年度施政方針演説及び予算提案説明に対する各派の代表質問及び質問が終わりました。
 
質問の中でもとくに多かったのが教育部の新規事業「教育表彰事業」でした。
 
この「教育表彰事業」は「授業で勝負する教員の育成をめざし、研究や研修により授業の質を高めた教員及びその学校を表彰し、授業力の向上を図る経費として340万円を計上しています。」「授業研究及び研修に努める教員の努力に報いるとともに、一層の授業の活性化、充実を図り、授業力向上に切磋琢磨する環境づくりのため、表彰制度を確立し、教員の資質の向上を図る。」と提案説明では述べています。
 
簡単に言えば「授業を発表してそれを保護者や大学教授、教育委員、市民が点数を付け、、優秀な先生5人に各10万円、その学校に各50万円の計300万円賞金として渡す。」ものです。審査に40万円かかるので予算としては340万円となります。
 
市長は「がんばっている先生が出した成果にむくいるもの。」、教育部長は「前教育長の「授業で勝負する教員」を育成の為に必要。」と答弁しています。
 
でも、そもそも学校の先生って、生徒に勉強を教えるのが仕事じゃないの?
 
「授業で勝負する教員」は当たり前の事だし、それをさも「すごい」ことに言うってことは、いまの市立小学校、中学校の先生はまともに授業が出来ないでいるってことになりませんか?
 
私は以前、自動車メーカーで設計の仕事をしていましたが、「図面で勝負するエンジニア」でしょうか。いい図面を書いたら表彰されることなんてありません。それが仕事ですから。
 
議員の場合は「一般質問で勝負する議員の育成をめざし、研究や研修により一般質問の質を高めた議員及びその会派を表彰し、一般質問力の向上を図る経費」でしょうか。
 
なんで、教員だけが特別扱いされるのか理解できません。
 
16日から始まる予算特別委員会でも集中的に審査がなられるでしょう。
 
 
2月12日(日) 桜植樹
花咲計画推進協議会の桜の植樹会に参加しました。
 
毎年、桜の植樹をしている当会ですが今回は沼間の台山緑地に植樹を行いました。
 
雪のちらつく中でしたが、8回目ともなると手馴れたもので、各自役割分担を決め、テキパキと桜の苗木を植えました。
 
数年後の春に今日植えた苗木が育ち、桜の花を咲かせることが楽しみです。
 
植樹した桜の苗木の前で
 
2月11日(土) 事務所
事務所を開いたものの、身内の不幸や議会で十分に生かしきれていませんでしたが、今日は多くの仲間が応援に駆けつけてくれました。
 
私の手では出来ない事を、大事な休日の時間を割き懸案だった仕事を片付けてくれました。
 
ボランティアで集まってくれた皆さんに本当に感謝です。
 
2月10日(金) 選挙説明会
3月26日に行われる逗子市議会議員選挙の立候補予定者の説明会が行われました。
 
定数22名に対し現職19名、新人候補6名の合計25名の立候補予定者の陣営が出席しました。
 
また、これにより3名の現職議員が引退する事になります。
 
前回選挙は32名、前々回は33名の立候補者が出たわけですが少数激戦となります。
 
私も気を引き締めてがんばっていきます。
 
2月8日(水) 波の数だけ抱きしめて
地域ブランディングの一環として2月18日(日)に逗子湘南ロケーション映画祭が逗子文化プラザホールで行われます。
 
その中に余り大きな声で言うには恥ずかしいのですが私の大好きな映画があります。
 
それは「波の数だけ抱きしめて」です。
 
「私をスキーに連れてって」「彼女が水着に着替えたら」と続くホイチョイプロダクションの3部作の完結編(後に「メッセンジャー」がありましたが)で、ユーミン、サザン(←サザンは?)の音楽が流れる「いかにも」といった映画です。
 
舞台は湘南(←この表現嫌いですが)の海の家、距離の飛ばないミニFMを湘南全体に流そうとありとあらゆる所にアンテナを立てると言った話なのですが、そこに出てくるお店や公園、車がなんともローカル心をくすぐります。
 
稲村のロンディーノや、稲村ガ崎公園、中山美穂が別所哲也とデートするのが当時改装したばかりの立石のDON(中に入ると違う店←江の島のポリネシアン料理の店・名前が思い出せません。わかる方いますか?教えて下さい。)だったり、出てくる車は赤のファミリアにビートルのカブリオレ、ダットラWキャブと80年代サーファーブーム真っ只中の国道134号線は泣けます。
 
当時の江の島から鵠沼橋までの134は2車線で道路沿いは平置きの駐車場があり、車に乗りながら海が見えたと記憶しています。
 
主人公の織田裕二の住まいは葉山町役場上の住宅地です。
 
中心となる海の家は実際には千葉に建てたそうですが、クライマックスのFM中継のゴールは葉山・長者ヶ崎の県営駐車場手前、現在はマンションのモデルルームがある京急駐車場でこの映画の後、京急は大々的にこの場所でイベントをしていました。
 
そうそう、このミニFMが確か79.8MHzでのちに湘南ビーチFMとなったはずです
 
当時大学生で、長者ヶ崎で監視員をしていた私にとっては、自分とオーバーラップしながら映画を見ました。
 
あれっ!。でも逗子って最後の方に逗子マリーナが中山美穂と一緒にちょっと映っただけのような・・・。
 
「彼女が水着に着替えたら」の方が新逗子駅やら披露山公園が出てきて逗子市民には親しみ易い気がします。
 
まだ見たことの無い「自称ローカル」の方はぜひご覧下さい。
 
当日の上映時間は15時30分から、15時10分から馬場監督のトークがあるそうです。
 
こんな時期でなければ絶対に見に行きたいのですが・・・。
 
※数年前の記憶の為、間違っていたらごめんなさい。
 
2月7日(火) マンション計画に動き
逗子7丁目NTT前の7階建てマンション計画「(仮称)逗子2004プロジェクト」について動きがありました。
 
昨日6日に事業者がまちづくり条例第23条の開発事業事前協議申請書を提出したのです。
 
事前協議申請書はまちづくり条例第22条の説明会の開催等が完了しなければ提出する事が出来ませんし、当然行政も受け取る事は出来ません。
 
早速、まちづくり課長へ話を伺うと、「受け取った訳ではなく、事業者が置いていった。」との事でした。
 
「???」
 
事前協議申請書が正式に提出され市長が受け取れば3週間以内に近隣住民、関係住民は公聴会の開催を求め署名を集める必要があります。行政側も近隣住民、関係住民が誰なのか、何人なのかを把握しなければなりません。
 
また、隣接する地権者、借地権者の逗子7丁目共同ビル建設推進の会から、共同ビル建設に伴う用地買取の要望書が出されています。
 
12月の議会の私の一般質問の答弁で市民部長は「この場所は中心市街地活性化基本計画で必要で重要。要望につきましては前向きに取り組む。」と答弁しています。
 
1月27日には住民、市民部経済観光課、環境部まちづくり課、商工会出席のもと話し合いがもたれ、
 
市民部長は「中心市街地活性化基本計画上、重要な場所であり事業者に対して買取を求めていく。」と約束しましたし、
 
まちづくり課へ事業者が事前協議申請書の提出などの相談があった際は、経済観光課と買い取りに関しての話し合いをしてもらうように指導する。」との確認もしました。
 
一方、12月の議会の私の
 
「平成16年10月25日市長宛に出された願出書に対する具体的な回答はどうなっているのか。」の一般質問に
 
環境部長は「回答はされていない。事業者と近隣住民の間で具体的な内容の協議も当然行われた上で提出されるものと考えている。」と答弁しています。
 
事業者が開発事業事前協議申請書を提出するのであればこの願出書に関してはっきりと具体的に記さなければ、市長に対して嘘を付いた事になりますし、もしも、行政が受け取る様な事があれば、それは嘘をついたもの勝ちという事になります。
 
以上の点だけでも、まちづくり条例上も、行政計画上も現段階では開発事業事前協議申請書を提出することは出来ない事になります。
 
環境部長の「市民の側に立った環境行政のもと、近隣住民の要望を事業者に伝え、合意形成のため、更なる協議を行うように指導をしているところでございます。」との答弁が今こそ実行される時です。
 
 
2月1日(水) 明日から定例会
平成18年第1回定例会が始まります。
 
初日の明日は市長による平成18年度施政方針演説及び予算提案説明が行われます。
 
 
3月31日(金) 事務所引越し
2月から借りていた後援会事務所をたたみ、自宅への引越しを完了しました。
 
自宅から数メートルしか離れていないのですが3階ということもあり、階段を上り下りしているだけでへとへとになってしまいました。
 
借りていた電話を解約したいのですが引越しシーズンとあってNTT116番は話中で繋がりません。ここ3日間、ずっとです。
 
以前は近所にNTTの窓口があったのですが・・・。まだまだ後片付けは続きます。
 
 
 
3月31日(金) 事務所引越し
2月から借りていた後援会事務所をたたみ、自宅への引越しを完了しました。
 
自宅から数メートルしか離れていないのですが3階ということもあり、階段を上り下りしているだけでへとへとになってしまいました。
 
借りていた電話を解約したいのですが引越しシーズンとあってNTT116番は話中で繋がりません。ここ3日間、ずっとです。
 
以前は近所にNTTの窓口があったのですが・・・。まだまだ後片付けは続きます。
 
 
3月30日(木) 逗子市HP
海外に居る友人から当選祝いのメールが届きました。やはり選管のHPではわからなかったそうです。
 
で、今日、逗子市のホームページを見てびっくり、リニューアルされているではありませんか。全体的にすっきりとしていていい感じです。
 
うっ、でも選管のページへ行けない。しかも、「逗子市インターネット放送局」?メインが全て動画配信で重い。市長の部屋は充実していてうらやましい。
 
逗子市のプロモーションビデオはリビエラの宣伝か?電車はオレンジ色の湘南ライナーじゃなくて青の横須賀線が一般的では?フィルムコミッションへ行ったら戻れなくなるし、大丈夫か・・・で、選管はどこ?
 
あった、「逗子市ホームページ案内」「逗子市インターネット放送局」のタブの横に。あれ、でもこの画面、前のHPと構成はほとんど変わってないような。
 
「課から探す」をクリックと・・・変わっていない!、全然変わっていない。他の部署のページも変わっていない。
 
な~んだ。私のHPも更新しないけど、逗子市のHPも一緒でした。
 
こんなんで良いはずがありません。動画も良い手段ですが、もっと基本的な必要な情報をわかり易く、リアルタイムに提供する事がホームページの役目なのではないでしょうか。自分自身に言っています。
 
3月29日(水) 2期目当選
26日の市議会議員選挙において、最下位ながら当選する事が出来ました。
 
749票の重みをしっかりと受け止め、4年間議員活動をしていきます。
 
しかし、選挙管理委員会のHP開票速報(http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/senkan/sokuhou2.htm)を見てもだれが当選したのかわかりません。
 
私のまわりでは「怖くて聞けなかった。」との声が聞かれました。
 
皆さんはどのようにして当選した方を知りましたか?
 
せっかくのインターネットです。適切な対応が必要だと思います。
 
3月18日(土) 選挙前日
いよいよ明日から逗子市議会議員選挙が始まります。
 
今日も多くの友人が私の為に事務所に訪れ、手伝いをしてくれました。
 
その努力に報いる為にも、一週間の選挙を戦って26日には良い報告が出来るよう努力していきます。
 
3月17日(金) 東逗子
今朝は「前へ!逗子3月号」をJR東逗子駅で配布しました。
 
やる事がまだまだ残っているのですが、どれから手を付けてよいか・・・パニックです。
 
 
3月16日(木) 新逗子駅北口
今朝は「前へ!逗子3月号」を新逗子駅北口で配布しました。
 
選挙が目前に近づき、文章が出てきません。
 
3月15日(水) 許可
今朝は「前へ!逗子3月号」を新逗子駅南口で配布しました。
 
昨日お話した選挙カーですが、改造を行い、無事警察の許可が下りました。
 
他の立候補届出書類も完成し、ほっとしています。
 
3月14日(火) 選挙カー
今朝は「前へ!逗子3月号」をJR逗子駅裏口で配布しました。昨日に続き時折雪が降り、まだまだ、冬の寒さを感じました。
 
現在、立候補届けの準備をしているのですが、悩みの種があります。それは選挙カーです。
 
選挙カーの車の上につける候補者の名前を書いた看板が規格外とのことで使用許可が下りなかったのです。
 
この看板、4年前の選挙の際作製したもので昨年の鎌倉市議会議員選挙、1ヶ月前の町田市議会議員選挙でも問題なく許可が下り使用したものですが、「法律は変わったわけではないが、今まで黙認していた。運用が変わった。」とのことでした。
 
明日、職人の知人の方に現物を見てもらい、改造する予定です。
 
3月13日(月) 前へ!逗子3月号
今朝は「前へ!逗子3月号」をJR逗子駅で配布しました。選挙が間近と言う事もあり、私以外に3名の方が政治活動を行っていました。
 
今週は毎朝どの駅も賑やかになりそうです。
 
3月12日(日) 準備
選挙の準備をしつつ定例会がやっと終わったと思ったら臨時会と慌しい毎日を過しています。
 
週末は仲間が集まり、「前へ!逗子」を市内にポスティングしてくれました。
 
しかし、私の頭の中は何をして良いか、回路がストップしています。
 
 
4月21日(金) 病床数
4月16日に記載した病床数について指摘があり、確認したところ以下に訂正します。
 
「来年は全国のベット数が25万から15万になる。」
 
これは医療保険適応の病床数を25万から15万に減らし、その代わり介護保険適応の病床数を13万から23万へと増やす計画です。
 
 
4月16日(日) 林じゅん陽春の集い
逗子商工会館で行われた衆議院議員林じゅん陽春の集いに出席しました。
 
矢部県議の後援会の方を中心に100名以上の方が集まり、神奈川県選出である自民党の参議院議員3名と私を含む市議会議員6名が来賓として出席しました。
 
来賓の方の挨拶は先の逗子市議会議員選挙のことかと思っていましたが、話の中心は12月の市長選挙で、具体的な名前を挙げて立候補を望む声があったりとしました。
 
また、林じゅん代議士の国政報告の中で「私は厚生労働委員会に所属しているが、来年は全国のベット数が25万から15万になる。しかし、何としてでも逗子の総合病院建設の為にベット数を確保する。」との発言には心強さを感じました。
 
今まで逗子市に欠落していた政府とのパイプをしっかりと活かし、総合的病院実現の為に私も協力していきます。
 
 
4月13日(木) 臨時会始まる
改選後初めてとなる議会、平成18年逗子市議会第2回臨時会が始まりました。
 
初日の今日は議長は須田隆議員、副議長は平井竜一議員がそれぞれ指名推薦によって選出されました。
 
会期は4月13日(木)から17日(月)までの5日間に決定しました。
 
また、常任委員会等の振分けが行われ、私は総務常任委員会、議会運営委員会、総合計画審議会委員の職に就くことになりました。
 
4月11日(火) 招集告示
平成18年逗子市議会第2回臨時会の招集告示が市長よりなされました。
 
招集日は4月13日(木)、付議すべき事件は以下です。
 
 
議長の選挙
 
副議長の選挙
 
議案第36号 専決処分の承認について
〔建築続行禁止仮処分申立事件の和解について〕
 
議案第37号 専決処分の承認について
〔平成17年度逗子市一般会計補正予算(第7号)〕
 
議案第38号 専決処分の承認について
〔平成17年度逗子市一般会計補正予算(第8号)〕
 
議案第39号 専決処分の承認について
〔逗子市介護保険条例の一部を改正する条例〕
 
議案第40号 専決処分の承認について
〔逗子市市税条例の一部を改正する条例〕
 
議案第41号 逗子市障害程度区分等判定審査会の委員の定数を定める条           例の制定について
 
議案第42号 逗子市行政手続条例の一部改正について
 
 
4月8日(土) 収支報告書
今日は選挙運動費用収支報告書を作りました。
 
第1回分の収支報告書は選挙期日から15日以内の4月10日までにしなくてはならず、1日がかりで取り組みました。
 
結果、なんとか間に合いそうです。
 
 
4月7日(金) 全協
全員協議会が開かれ議長が決まるまでの暫定的な座長を決定しました。
 
その後、団会長会議が断続的に開かれ議長選出の調整が行われました。
 
しかし、調整が付かず、週明けの10日に再度、団会長会議が開かれる事になりました。
 
 
4月6日(木) 議員事務打合会
議員事務打合会が行われ、議員と議会事務局員の自己紹介が行われました。
 
事務的な打合せだけで今後は4月13日に予定されている臨時会に向けて、議長、副議長選びへと進みます。
 
 
4月5日(水) まちづくり基本計画
長島市長が12月で辞めるとなるとその行方が気になるのが「まちづくり基本計画」です。
 
この「まちづくり基本計画」2月の第1回定例会に提案されたものの、内容を審議されぬまま、手続き論で否決されました。
 
この「まちづくり基本計画」は公募市民130名の「まちづくり基本計画市民会議」によって2年間の検討を経て、素案を市長へ提案したものであり、それまでの「都市マスタープラン」に変わるものとされています。そして何よりも内容は逗子市の30年後の将来像を示しているわけです。
 
しかし、その提案者である長島市長が12月までとなると・・・誰が30年後を示すのが相応しいのか?
 
当然、次の市長ですね。違いますか?
 
4月4日(火) 不出馬のわけ
今日会う人、会う人に「なんで長島市長は出ないの?」と聞かれます。
 
当然私は知りません。でも、中にはとんでもない理由を教えてくれる方も居ます。
 
噂なのか真実なのか、でもこればっかしは本人しかわからないです。はい。
 
4月3日(月) 長島市長不出馬
今日、市役所内で行われた辞令交付式上、長島市長が「12月の選挙には出ない。後継指名はしない。」との発言がありました。」
 
 
市長夫人の出馬によって12月に行われる市長選挙の様々な憶測が飛びましたが、「12月の逗子市長選挙には出馬しない。」これが結論だったようです。
 
議会内は4月13日に開催が予定されている臨時会の役職よりも、12月の選挙を睨んだ駆け引きが始まりそうです。
 
 
4月2日(日) 駅前立て看板
選挙期間中、21日(火)に起きた(?)事件の立て看板がJR逗子駅前に設置されています。
 
この有力な目撃者の1人は、現職の国会議員です。しかっりとした証言をお願いします。
 
JR逗子駅前立て看板
 
4月1日(土) 桜満開
桜の花が満開です。
 
久木8丁目のハイランドの桜並木もとてもきれいでした。
 
しかし、道路は大渋滞でした。
 
 
 
 
5月30日(火) 招集告示
市長より平成18年逗子市議会第2回定例会を6月6日に招集するとの告示がありました。
 
今定例会の一番大きな議案は第1回定例会で否決された「逗子市まちづくり基本計画」です。議運の会議次第の協議事項には特別委員会の設置についてとあるので、議長、副議長を除く20名の議員による特別委員会での審議となるかもしれません。
 
日程を決める議会運営委員会は6月1日(木)に開かれます。
 
5月28日(日) 駐車監視員
6月1日より始まる新たな違法駐車取締りですが、逗子警察署管内では民間の駐車監視員による取り締まりは行われません。
 
しかし、警察官によるおおむね5分以内での駐車違反取り締まりは実施されます。
 
取締りを強化する一方で駐車禁止指定場所の解除も検討していますが、なかなか解除できる地域が無いようです。
 
近隣ですと横須賀市と横浜市金沢区で駐車監視員による取り締まりが行われます。
 
横須賀市の横須賀中央駅周辺は最重点地域に指定されています。
 
逗子駅周辺は慢性的な渋滞に悩まされていますが、駐車違反の取り締まり強化によってどこまで解消できるのか。また、駐車場不足も指摘される中、横須賀市平成町の大きな駐車場を完備したショッピングセンターへの消費者の移動が更に加速するように感じます。
 
利用者が少ない市営清水橋駐車場や銀座通り駐車場への誘導がこれから大事になってきます。
 
5月20日(土) 花いっぱいの逗子
亀岡八幡宮で開催されている「花いっぱいの逗子」に行ってきました。
 
逗子市内の造園、ガーデニング業者が花や植木を出品し、地ビールやオリーブオ
 
会場で一際目を引いたのは、キリガヤさんのウッドデッキ。このウッドデッキは展示後は販売し、1.8m×1.8mで15,000円。置く庭があったら本気で買いたいと思いました。
 
花の寄せ植え教室やブラスバンドの演奏もあり、5月の晴天を満喫できました。
 
明日、21日(日)も開催されます。ぜひ足を運んでみて下さい。
 
 
5月10日(火) 警察の対応
4月13日に神奈川県警本部で「海水浴場警戒対策会議」が開かれたと聞いて、先月下旬に逗子警察署長へ話を伺いに行きました。
 
第1回目の会議では県下の海水浴場で深夜営業の海の家の騒音や違法駐車などの迷惑行為が増えている問題を各所管の警察が意思統一をし、対応していくとの確認を行い、6月に行われる第2回目では深く掘り下げていくそうです。
 
県としても今後、禁止や規制等の条例も考えているようです。
 
また、海水浴シーズンの路上駐車、特に黒門前のT字路の違法駐車に関して厳しく取り締まって頂きたい。ライブ等の騒音に対しても問題があれば協力して頂きたい。との要望をしました。
 
海の家の迷惑行為については充分に理解しており、問題解決について協力して頂けることを確認しました。
 
 
5月9日(水) 今年の海の家
GW中も多くの人で賑わっていた逗子海岸。海開きは6月23日(金)と決定しました。
 
4年間この海水浴シーズンの海の家の問題に取り組んできたせいか、今年の海の家の多くの方から様々な情報が入ってきます。
 
昨年、一番問題となったライブハウス海の家はオーナーと現場責任者が仲違いし、別の場所で名前を変更して開きます。ライブハウスがもう一件増えると言う事です。
 
「若者が夏の間ちょっとぐらい騒いだっていいじゃないか。」と発言しているとか。
 
苦情があっても頭だけ下げていれば2ヶ月は過ぎると思っているのでしょう。
 
「 地元の若い子たちが運営しているということですが彼らも地元に居られなくなるようなことになりえるような問題だと思います。もっと地元の環境や人間を大切にしてほしい気もします。」
 
と真剣に心配するメールも頂いてます。
 
この声が届く良識ある行動をしてもらいたいものです。
 
 
5月1日(月) Life
地元の同級生が鎌倉に喫茶店「Life」を開きました。
 
今日はプレオープンと言う事で顔を出しました。
 
ブレンドコーヒーをと思っていましたが、看板メニューは水出しアイスコーヒー。8時間かけて水で抽出されたアイスコーヒーはなんと一日限定14杯。
 
今年一番の暑さの中、自転車で行った私にとっては願ってもないメニュー。早速頂きました。
 
その味は実にまろやかで奥深く、今まで飲んだ中で一番美味しいアイスコーヒーでした。これで550円は安いです。
 
詳しい場所はマスターの意向もあってお伝えできませんが、鶴ヶ岡八幡宮の周りです。
 
興味ある方はぜひ、探してみて下さい。
 
お店の看板
 
 
水出しアイスコーヒー
後ろに見えるのが同級生のマスター
 
 
6月30日(金) 総合病院に2件応募
本日締め切りとなった総合的病院の第1次公募ですが2件の応募がありました。
 
しかし、池子なのか沼間なのか、診療科目は何かなど具体的な内容は選考結果が出るまで非公開とのことです。
 
公募したのですから、公開して選考するのが筋ではないでしょうか?
 
市民協議会の選考部会が選考する事のなっていますが、選考も公開しなければ良からぬ力が働くってことも心配です。
 
そもそも、総合的病院に係る応募手続きの概要には「提出された書類は、原則として逗子市情報公開条例の対象となります。」とあるのですから。
 
 
6月22日(木) 一般質問原稿
明日、午後2時より行う一般質問の原稿が出来ました。どういった行政側の答えが返ってくるでしょうか。
 
今、午前2時です。これからブラジル戦を見るべきか、寝るべきか迷います。寝て起きればいい?・・・・・。
 
 
6月21日(水) 所管事務調査へ
昨日から文化教育ゾーン整備事業の随意契約の答弁の問題で議会がストップし協議が続いていましたが、結果、教育民生常任委員会の所管事務調査で行う事になりました。
 
結局、本会議は実質始まったのは午後8時25分で、会期を23日(金)まで延長する事になりました。
 
私の一般質問は6月23日(金)午後2時からの予定となりました。
 
ぜひインターネット中継をご覧下さい。
 
6月20日(火) 会議再開に至らず
本会議が開かれ一般質問が行われました。
 
文化教育ゾーン整備事業専決処分が不了承になった件で、その発注手順に対して答弁の食い違いが生じ、午後4時15分から議会がストップ、議会と市長との答弁調整が長引き、そのまま午前0時を迎えました。
 
その結果、「会議再開に至らず」となり本日の会議は自然閉会しました。
 
このようなことは初めてです。
 
明日は午前10時から開会しますがどうなのでしょうか。
 
6月12日(月) 総合病院の公募
総合的病院に関する特別委員会が開かれました。
 
現在、公募中の総合的病院ですが、医療法人3社、設計会4社から直接問合せがあったとの報告がなされました。
 
第1期の締め切りは6月30日と迫っています。
 
医療機関の応募を期待します。
 
6月10日(土) 一般質問要旨
今定例会で行う一般質問の要旨を提出しました。
 
日時は6月21日(水)午後3時40分以降の予定です。
 
内容は以下の通りです。
 
・逗子海岸について
 
・桜山9丁目開発計画について
 
・中心市街地の活性化について
 
・逗子文化プラザホールについて
 
・逗子マリーナ地区の環境について
 
・逗子市の教育について
 
6月9日(金) まちづくり基本計画に関する特別委員会
まちづくり基本計画に関する特別委員会が開かれ「まちづくり基本計画」の審査が始まりました。
 
しかし、行政側の答弁がたびたび詰まり91ページにわたる計画書の最初の6ページ「はじめに」が終わった時点で午後10時となり委員長から継続審査の動議が出され、結果、閉会中の継続審査となり、定例会終了後早い時期に委員会が開かれるよう調整となりました。
 
一昨日お伝えした逗子海岸での水難事故(?)ですが、警察へ行方不明の届けでもなく、該当者無しとの判断がなされ、8日午前をもって捜索が打ち切られました。
 
 
6月8日(木) 基地対策特別委員会
基地対策特別委員会が開かれました。
 
追加建設が発表されてから合意33項目に記されている国・県・市・米軍による4者会議が3年間開催されていません。
 
今までは開催に対して国が消極的だったのですが、配布された公証記録を見ると、国・県は前向きとなり、米側が「親善交流は上手く行っているので必要が無い。」と開催に否定的になっていました。
 
私は「横須賀で米兵による殺人事件が発生し、無期懲役の判決が下された。座間ではパトカー内で暴れた米兵も居る。米兵に対して恐怖心がる状況だからこそ、早急に4者協議を開催するよう、行政の更なる努力を求める。」と意見を述べました。
 
また、議員による池子米軍家族住宅内の視察を行うよう委員長へ求めました。
 
委員会としても了承され、今後、議長へ申し入れを行い、視察実現に向けて調整に入りました。
 
 
6月7日(水)その2 逗子海岸で水難?
午後10時ごろ、「逗子海岸の渚橋付近に消防車とパトカーが止まってる。ヘリコプターも旋回している。何かあったの?」との電話が来ました。
 
そう言えば、先程からヘリコプターの音が聞こえると思っていましたので、気になって現場へ向かいました。
 
渚橋から太陽の記念碑にかけて消防車とパトカーが数台停車し海をライトで照らし、沖合いには船のライト、上空にはヘリが旋回し、海上の何かを探していました。
 
消防からの説明によると、夕方ウインドサーファーが沖合いに流されたとの通報があり、海上保安庁が捜索した所、逗子マリーナ沖1800mでサーフボードだけが発見された。人が遭難した可能性がある。羽田から特別海難救助隊が出動し現在は潜水士も捜索している。とのことでした。
 
午後11時の時点でも新たな発見の報告はなされていません。
 
行方不明者の安否が気づかれます。
 
 
 
6月7日(木) 総務常任委員会
3常任委員会が開かれました。
 
私の所属する総務常任委員会の審査結果は以下の通りです。
 
議案第48号 逗子市防災会議条例の一部改正について・・・原案可決(全会一致)
 
議案第49号 逗子市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び逗子市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について・・・原案可決(全会一致)
 
議案第53号 平成18年度逗子市一般会計補正予算(第2号)・・・原案可決(賛成多数)
 
陳情第6号 「公共サービスの安易な民間解放は行わず、充実を求める意見書」提出に関する陳情・・・不了承(賛成少数)
 
陳情第7号 安心・安全の医療と看護の実現のため医師・看護師等の増員の意見書提出を求める陳情・・・不了承(賛成少数)
 
陳情第9号 小坪2丁目県有地(通称はげ山)を防災を兼ねた公園等として活用するための土地利用計画立案の促進についての陳情・・・継続審査
 
陳情第14号 逗子市桜山9丁目の赤道を野鳥観察の場としての貸与についての陳情・・・了承(賛成多数)
 
陳情第18号 公共工事の入札及び契約の適正化を進める施策の実現を求める意見書を国へ提出する陳情・・・了承(賛成多数)
 
 
6月6日(水) 定例会始まる
平成18年第1回定例会が始まりました。
 
議会運営委員会で即決と決められていた議案第45号「専決処分の承認について〔平成18年度逗子市一般会計補正予算(第1号)」文化・教育ゾーン整備事業工事請負費8,744千円については新聞報道等がなされ、また事前の説明から、その理由について慎重な審議が必要と判断し、教育民生常任委員会への付託となりました。
 
6月4日(日) 高校生の暴力行為
先月、横須賀の県立高校1年生である知人の息子さんが同級生15人によるリンチを受けました。
 
加害者はまず、被害者の友人を脅し、その友人を使って被害者を呼び出し、持っていた携帯電話を奪い、壊し、顔を集中的に殴る蹴るの暴行をしました。それだけでなく顔には数箇所、タバコを押し付けました。
 
警察から母親への電話では「顔が誰だか分からない状態ですので驚かないで下さい。」でした。
 
ここからが問題です。15人のリーダーは札付のワル。しかし、親がKの上層部で、これまでの行為はもうやむやにしていたと言うのです。
 
今回の事件も逮捕されたそうですが表沙汰になっていません。普通なら新聞記事になってもおかしくありません。また、親からの謝罪もなされていません。
 
県立高校もどういった対応をするのでしょうか。
 
逗子市の旧学区でもあり、市内からも多くの生徒が通っています。
 
神奈川県では平成18年を「いじめ・暴力行為等防止運動強化年」としています。
 
また、「暴力行為等防止推進会議緊急アピール」の保護者の皆さんへでは
 
「今、家庭の教育力が問われています。自分の子どもの行動には責任をもち、周囲の子どもたちの行動にも十分目を向けてください。家庭のあり方が子どもたちの心の成長に大きく影響することを重く受け止め、温かさ・厳しさのある家庭の雰囲気づくりをお願いします。
また、子どもが起こす最近の暴力事件などをテーマに、各家庭で、その行為の卑劣さや愚かしさなどについて積極的に話し合う機会を設けるように努力してください。」
 
とあります。暴力行為等防止推進会議のメンバーをご覧下さい。被害者の父親の勤め先もメンバーです。
 
こんなことではアピールがむなしく聞こえます。
 
各方面でのしっかりとした対応が求められています。
 
 
6月3日(土) 逗子小運動会
逗子小学校で行われた運動会を参観してきました。
 
児童数が増加し838名の市内でも一番多い小学校の運動会だけあって非常に活気がありました。
 
午前中だけでしたが、6年生の組体操は練習の成果を発揮していました。また、低学年の選抜リレーは見ているほうも興奮しました。
 
でも私のころは全学年のチームだったのですが低学年、高学年に分かれているのですね。
 
ただ、競技を見ていて1つ理解できないものがありました。それは、4年生の障害物走が男女混合で競われているのです。4年生になれば男子と女子の体力の差身体つきの差は明らかです。なのになぜ?
 
もしこれが、男女平等だとかというならば大きな間違いだと思います。オリンピックは男子と女子は別れています。女性がホルモンのコントロールによって男性に近づき失格となった事もあります。ジェンダフリーというごく一部の理解しがたい思想によって行われているとすれば非常に危険だと思います。
 
さて、この意味は何なのでしょうか。聞いてみたいと思います。
 
 
6年生による組体操
 
6月2日(金) 企業モラルを疑う
平成17年第3回定例会の一般質問において「逗子マリーナ内の市道について違法行為が見受けれる。道路管理者として適切に指導しているのか。」との質問の行いました。
 
ヤシの木のイルミネーション(神奈川県屋外広告物条例により街路樹は全面禁止)についても指摘をしたわけですが、今だに撤去されていません。(写真1)
 
それだけではありません。私は新車の試乗会についても指摘をしましたが、その後道路占有許可も無く、現在自動車の通行が禁止されている、海側の道路を使い、新車の試乗会をしているのです。雑誌にしっかり載っています。
 
また、未だに道路には企業の名前とロゴの入った青いコーンが並べられています。
 
行政は指導をしたと答弁しました。行政はバカにされているのでしょうか。企業のモラルを疑います。
 
 
写真1 イルミネーション
 
 
写真2  53本のヤシにイルミネーションが取り付けれている
2つの白い柵は逗子市のものではありません 違法物
 
 
写真3 立派な広告物 右上に見える白い柵も違法物
 
 
6月1日(木) 議会運営委員会
議会運営委員会が開かれ第2回定例会の日程が決まりました。
 
また、「逗子市まちづくり基本計画」は議長、副議長を除く20名の議員による「まちづくり基本に関する特別委員会」での審議となりました。
 
私の一般質問は13番目で、6月21日(水)午後3時40分以降の予定です。
 
ぜひ、インターネット中継でご覧下さい。
 
7月31日(月) 議会活性化推進協議会
議会活性化推進協議会が開かれました。
 
会派次世代フォーラムとして提案した決算特別委員会を予算特別委員会と同様に3分科会形式で行うことについては、本年度は今まで通り行い議論は継続する事になりました。
 
議員定数問題についてはあるべき定数の踏み込んだ議論をするために、幅広い基礎調査を行う事になりました。
 
政務調査費の運用基準の拡大についても同様に基礎調査を行う事になりました。
 
 
7月30日(日) 桜葉摘み
逗子市商工会が取り組んでいるさくら特産品の1つ、「逗子桜葉&ワイン」の大島桜の葉を摘みが大崎公園で行われました。
 
朝は比較的涼しかったのですが、桜葉摘みが始まった頃には気温もかなり上がり、水分補給を取りながら、日陰を探しての作業となりました。
 
1年に一度ですが参加者も既に経験されている方が多く、手際よくあっという間に目標の25キロ達し、量ってみれば41キロの桜葉が採取されました。
 
すぐに、段ボールに詰められワイン工場へ送られました。
 
秋には2006年の「逗子桜葉&ワイン」が完成します。ぜひ、お試し下さい。